スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伝える力」

現在、池上彰著「伝える力」をよんでいます

春休み前に学校にありまして

ページ数もたいしたことないんでちょっと読んでみるかなと

そんな安易というか稚拙な気持ちで借りて読んでみてますが




まあさすが池上さん!といいますか

子供ニュースを担当していたころからのノウハウをわかりやすく「もう一人の自分」が書いているようなものとなっております

まだ途中までしか読んでいないのですけど

そうですね~演繹法と帰納法のこと書いているところが今後のレポート等の作成に行かせるようで

気に入ってます^^


演繹法と帰納法。どちらも倫理で習うことかと思います(もしかしたら数学の時間に習った方もいらっしゃるかもですが)

*文中にはそれらの違いも簡潔に書いてありはじめて聴く人もわかりやすいと思う


報告書を作成する際にはどちらが適するとおもいますか?


当然情報を集めた上で結論を出す帰納法がいいんですけど

それには時間がかかる それでは演繹法で強引に前提から進めていくのかというとそうではなくて

緩やかな演繹法を行えとあります

結論だけいうとそのほうが自分の仮説と違っていても修正が容易だったりするのでいいんだそうです


200頁程度の新書なのでまあ暇な人は読んでみてください 





さあ明日からバイトの連続です


あと日曜日に中学校のときの友人であつまらないかとい誘いを受けたので

ちょっくら行ってきます(あまり気は進まないけど)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

栄

Author:栄
FC2ブログへようこそ!


学年…4年
学科…環境材料工学科

RAC(ロータアクトクラブ)に所属しています
関係者の方の訪問も御待ちしています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。